Posts from 2月 2011

2011.02.26 土曜日

空気の連鎖


ボーカルで始まる曲をイヤホンで聴く。
すると最初の息を吸う音が聴こえる。あれがすきだ。

息を吸い、肺を満たす。
声帯を震わせながら歌声へと変えていく。
シンプルな工程の中にはじつに繊細で絶妙な技術があり、
それらはすべて感覚によってなされている。

歌声は空気を伝わりぼくの耳に届き、鼓膜を震わせる。
音を着たことばによって、記憶の中の何かが共鳴し、
それが言い知れぬ感動となって目頭が熱を帯びるのだ。

2011.02.25 金曜日

未来サンプル

shibuya

仕事中の話。

ノートの新しいベージに今日の日付を書いた。
もうすぐ2月も終わるんだな、と思った。
3月が終われば4月、社会人三年目となる。
春を抜けて夏を過ごせば秋がくる。
するとぼくは25歳になる。

25歳。
ぼくは今日の日付の下に今年の誕生日を書き足した。
さらに一行をあけて、10年後の誕生日を並べた。35歳。

同じ部署に35歳の先輩がいる。
何事もなく平穏に過ごしていった未来、
ぼくの10年後の姿がそこにあった。
こんなふうに10年後を過ごしているのだろうか。

ノートに綴った日付の整列が気になって、
そのページをちぎってポケットにしまいこんだ。

2011.02.21 月曜日

そしてうたが聴こえてくる

fence

ブログをはじめて4年目になる。
冴えない大学生男子の生活日記だったはずが、
冴えない社会人男性の空想書庫となっている。
あいかわらず自分の見た景色を淡々と並べながら
いつかの自分に向けてしるしを遺している。

たまに昔の記事を読むことがある。
いつも思いつくままに書いているだけだから、
書いた内容なんてあんまり覚えてなくて
こんなこと書いてたんだ、とか不思議に感じる。
数年前のことなのにとても遠くて、わりと重い。

昨夜、「じいさんのうた」というのを読んだ。
2007年10月21日、日曜日、大学3回生。
この文章を書いたとき、
誰のことを想っていたかなんて覚えていないけど、
誰のことを想っていたのかはなんとなく分かる気がする。

2011.02.20 日曜日

最寄り駅のベンチ

a local station

何も考えたくないとき
時刻表がなぞられるのを待ちながら
こんな風景を見ているのです。

2011.02.19 土曜日

並行する意識

今日は土曜日。いつになく平穏だった。

朝、壁際に置いていたデスクを窓際へ移動させて、休日の朝の光を浴びられるようにした。それから不要なものをあれこれ処分したり、掃除とか洗濯とかいつもの家事を済ませた。

昼過ぎになって散歩に出かけた。曇りっぽい天気だったけど、陽射しはきちんと落ちていて暖かかった。休日の街には穏やかな表情をした人たちがたくさんいた。
More… »