Posts tagged “Flash FUJICA”

2011.09.15 木曜日

あるひとつのルーチン

at the cafe

晴れの日が続き、昼は青空に白い雲が映え、夜はきれいな月が部屋を照らす。できることなら何も考えずに空を見上げながら時間を過ごしたい。そんな一週間。

最近の週末はなんだかんだでいつも予定が入っていたのでオフモードになれる時間が少なかった。今週末はいまのところ何も予定がない。天気がよければ見晴らしのいいところでのんびりしよう。カフェでぼーっとするのもいいかもしれない。

今日もいつもの女性がいつもの犬を連れて店の前を通っていく。そのシーンを見るのがささやかな楽しみで、いつまでも続けばいいのに、なんてぼんやりと思ったりしている。

2011.09.12 月曜日

線香のけむりは白くただよう

time

新宿駅東口前で夜行バスを降り、小田急線に乗った。通勤時間帯の下り電車はガラガラではないが余裕があって、いつも満員電車に揺られている感覚からすれば非現実的な感じがしなくもない。だけど急行から各駅停車に乗り換えるホームで振り返ると、上りホームにはやはりいつもの光景が広がっていた。違うのはいつもうしろ姿しか見えない乗車待ちの人々の顔がよく見えることだった。ときどき、朝起きたときに「ポジティブであれ」なんて念じたりもするのだけれど、満員電車にはそんなささやかなおまじないを一瞬でかき消してしまう絶対的な闇が漂っている気がする。こんな天気のいい朝ですら、である。

母方の祖父の法事にいってきた。13回忌だった。
中学校の体育祭の練習中だったことを覚えている。入院していた祖父が危篤状態になり、体操服のまま母親の車に乗せられて大阪へ向かった。だけど高速道路に入る手前で「息を引き取った」という連絡が入り、いったん自宅に帰って身支度をすることになった。車のハンドルを握る母親に話しかけることはできなかったし、ルームミラー越しに顔を見るのもこわかった。祖父の家についたとき、祖父は畳に敷かれた布団の上で眠っていた。とても白くてきれいな服と、鼻の中の脱脂綿が妙に印象的だった。火葬場で最後のお別れをするとき、棺に祖父の腕時計が入っていたのを見つけた。いつも身につけていたSEIKOの時計だった。祖母に「ちょうだい」と言って譲ってもらった時計のベルトはとても細く詰められていた。

人はいずれ死ぬのだということをぼくはいろんな人から教わってきた。親戚、友人や先輩、好きな俳優や作家、あるいは物語の登場人物。死ぬことへの恐れに縛られては生きづらいだろうが、どんな人でもほんの少し死の匂いを身に纏って生きていることを忘れたくない。自分はどんなふうに生きていくのだろうかという問いは、どんなふうに死んでいくのだろうかという問いと一対であると思う。ぼくはまだ生きていくし、いつか死んでいくのだ。

2011.09.09 金曜日

深夜のはらいたセレナーデ

26740021

おなかが痛くて目が覚めた。
眠れなくなって、むかし撮った写真をながめていた。
どれだけのものが積み重なって現在に至っているのだろうか。
深夜の空気がその途方もなさに一層の深みを与える。

夏はいよいよ終わろうとしているらしい。
ここ数日の暑さもどこか真夏のそれとは違っている。
朝の空気は固く冷たくなりつつあり、空には秋の雲が漂う。
姿なきセミの鳴き声は減り、鳴き終えたセミの姿が散見される。

今日も明日が来て、明日も今日を過ごす。
ぼくはそんな日々になにを遺していくだろうか。
いつかの自分が撮った写真はそれを教えてはくれない。
ただ、写真を撮った自分がその瞬間そこにいたという
変わることのない事実と、そこに匂う時間を超えた思考の
切れ端に対してこうして意味を探したり、求めたりするだけなのだ。

2010.05.28 金曜日

アジサイ、金曜日、井の頭線。

pic

今日は仕事を休む予定だったんだけど、滑り込み案件(納期=本日!みたいなの)が毎日湧いてくるもんだから休める状況じゃなくなって、結局出社することに。ひさしぶりの晴天だから休みたかったな。しかも明日以降はまた崩れるとかなんとか。

今は井の頭線で移動中。線路沿いの緑がきれいです。この緑のほとんどはアジサイの木で、もうじき花盛りになるでしょう。

2010.05.22 土曜日

どーよ土曜日

with

今日はとても蒸し暑い。昨日、雲のない空から強い光が差してくる輪郭のくっきりした暑さとは対照的に、今日は薄雲で封をした街を外からじんわり暖めているような息苦しい暑さだ。また、ここ数日とはうってかわって風らしい風も吹いてくれない。そんなわけで今日は朝からすこしぐったりしている。

それでも土曜日の朝は好きだ。早起きしてシャワーを浴び、家事をかたづけ、爪を切る。それから午後の動きを考える。誰かに誘われればついていくし、そうでなければ2駅先の図書館に本をさがしにいったり、雑貨を買いにいったりと一人で気ままに過ごすことになる。はやく家に戻ってビールを飲むのもいい。ラジオを聴くか、DVDを観るか、本を読むか。そんな風にして土曜日を終えていく。

さて、土曜日の午後になった。今日は一人で過ごすらしい。